マロの失踪

昨日の午前中、我が家は重苦しい空気に包まれていました

というのも、朝、コロンとマロ

2匹が冒険に出ていきましたが

10時頃、コロンだけ帰ってきました

あれ?マロは、どこにいったのよ?と


「俺知らんし」顔のコロン



020_convert_20170326171118.jpg




牧草倉庫、オガクズ倉庫や家のほうを探しても見当たらず

今度はトラックで広範囲を捜索しててもだめ

もしかしたら、餌を食べさせてくれる隣の牧場に行ってるかも?と

嫁さんが行って聞いてみると

「顔を斜めにしてる猫は来てないねぇ、タマクロ兄弟は見るけどねぇ~」

ん?タマクロ兄弟?

良い子が見てるかも知れないので

大人の事情で詳しいことは言えませんが用はキン〇が黒い猫

たぶん、ブルとコロンの事だと思います


005_convert_20170326170843.jpg




とうとう昨日、マロは帰ってこなく

やっぱり春になるとオス猫はいなくなるのかなぁと思っていると

今朝、なんと牛舎の前にビィ~ビィ~鳴いてるマロ

しかも、後ろにはキツネが狙っている

危ない危ない!


電気温水器の上でぐったりのマロ

どこにいたのかな?謎

半日は爆睡してました


014_convert_20170326171444.jpg 




013_convert_20170326171317.jpg 



















[ 2017/03/26 17:45 ] 猫の事 | TB(0) | CM(1)

寒空

東京では桜が開花したとか

北海道では、まだ1ヶ月先かなぁ

ということで、今日は朝から冷たい風も吹き

札幌では昨晩から30センチちかくも雪が降ったとか




日高も午後から一時真っ白になるぐらい雪が降りました

その後晴れて解けちゃいましたが・・・


002_convert_20170324193953.jpg





自分、何故か登山した後は放心状態で

何もしたくない気分になりますが

(いつもだろ?という声があります・・・)

今日は旭岳ロープウェイまでの車載動画をユーチューブにアップしました

標高の高い道路のためか、北側は日中雪が解けて夜には凍るという

アイスバーンで走りづらかったです。



北海道「旭岳ロープウェイ駅」までの車載動画(道道1160号線)2017/03/20















[ 2017/03/24 19:51 ] 天気 | TB(0) | CM(2)

旭岳登山2017.3.20


旭岳、2.291m

北海道の最高峰です

ただ、ロープウェイで1.600mの姿見駅まで登れて

夏山(7~9月初旬)は比較的登りやすく小学低学年でも登れる山です

冬は晴れの日が少なく

風が強く厳しい山です



その冬山の旭岳を登ろうと計画してた自分

3月20日、午前8時に旭岳ロープウェイ駅前に到着し

9時発の始発に乗る予定でしたが

強風のため運行停止

あっらぁ~駅周辺は無風なのに

スキー、スノボダーの方は帰っちゃう人もいましたが

たぶん回復すると期待して待つこと1時間

館内放送で再開すると聞いてホッとしましたね~



001_convert_20170322120550.jpg 




館内はすごい人で結局、始発には乗れず

2便目にかろうじて乗り込み10分ほどで、「姿見の駅」に到着しました

この日現在、積雪290センチ、マイナス8度前後だったでしょうか



午前11時、スノーシューを装着し、ちょっと登って振り返ると

スノボ、スキー、登山者と様々


010_convert_20170322120850.jpg 



人がたくさんいる地点まで登ると

旭岳の全容が見えます


007_convert_20170322120724.jpg 



下界の嫌な事も忘れるほどの絶景

本当に良い天気

旭岳の頂上は左側のとがった場所じゃなく右側のなだらかな方がピークですね~


011_convert_20170322121009.jpg




最初の目標は、「姿見の池」

避難小屋や鐘が見える場所で去年はスノーシューがなく

ツボ足で1時間もかかり、えらい苦労した地点です


014_convert_20170322121314.jpg




今回はなんと10分ほどで到着

なんちゃってスノーシューですが、着けてるのと着けてないでは全然違うんです

(自分のは5.000円前後、登山某メーカーは3万前後もします)


017_convert_20170322121431.jpg




旭岳は今でも活発に火山活動してる山なので

噴気孔見物する観光客もたくさんいます



019_convert_20170322131236.jpg





すこし登り、振り返ると駅、姿見の鐘、



021_convert_20170322131405.jpg 




十勝岳連峰



022_convert_20170322131539.jpg 






トムラウシ山



024_convert_20170322131723.jpg 






左に忠別岳


025_convert_20170322131846.jpg





6合目、下の急登、雪質が固くなり

スキーやスノボを置いてアイゼンを着ける地点

自分も、スノーシューを岩陰において

アイゼンを装着しました

(根性でスキーで登る方もいました)


026_convert_20170322132003.jpg




6合目からはカメラをザックに入れたので

頂上までの写真はありません

というのも去年、あまりの寒さのためシャッターが機能しなくなり

使い物にならなかったからです

一番、苦労したのが9合目付近

岩を周り込むように登るのですが下が氷

慎重に登らないと滑落の危険があるのでアイゼンを確実に氷に差して、なんとかクリア


それと頂上直下、自称、「金庫岩」からが暴風で四つんばいで登る場所もあり苦労しましたが

なんとか3時間で頂上へ

おもわず標識に抱きついちゃいましたね~



030_convert_20170322132131.jpg 



頂上からは絶景で

右から北海道第2の峰、「北鎮岳(2,244m)」、や、「黒岳」


032_convert_20170322132316.jpg




左側には、第3の峰、「白雲岳(2,230m)」


033_convert_20170322132442.jpg





そして、遠く東側にかすんで見えたのが

「雄阿寒岳」、「雌阿寒岳」、かな?と思うのですが・・・



035_convert_20170322132553.jpg 





私、ここでミスをしました

カメラのシャッターを切るため防寒手袋を取り素手で写真を撮っていたのですが

暴風で手がみるみるうちに紫色に。。。

手の感覚がなくなりかけてたのであわてて手袋を着けて

最後の写真を撮り下山


これが最後の写真となりました


036_convert_20170322132658.jpg 





後日談

帰宅後、右手の甲が違和感を感じましたが

これって凍傷か?と

冬山って怖いなぁ~



















[ 2017/03/22 17:52 ] 登山 | TB(0) | CM(6)

おじさんキレる!

午前10時、無事帰ってきました

旭岳ロープウェイは風速20mのため運休してましたが

2時間近く待ってやっと運行

自然現象なので仕方ないとして

今回、キレましたねぇ~いろんな事で


1、待ち時間、スキー、スノボの中国人、声がでかい!

  もっと小さい声で話せ!ボケ!と心の声で叫ぶ

2、これも待ち時間、暇なのでアイスクリームを食べたのですが

  ちっちゃい!、これはハーフサイズか?写真と違うじゃないか

  しかも、店員の対応が悪過ぎ、俺何か悪い事したか?みたいな

  だから北海道は自然は一流だけどサービスは3、4流って言われるんだ

  ボケ!と心の中で叫ぶ

3、まぁ、これは俺も悪かったのですが

  強風の中、下山中

  携帯がつながる地点があって、「トルゥゥ・・・」

  あれ?誰だと携帯を見ると同じ人から3回も着信があるじゃありませんか

  気になって電話すると、「俺、〇〇だ、子牛の諒太郎と直太郎とどっちが大きいのよ?」

  どちらも大きいですよ~と答え

  こんな時、電話するな!ボケ!と心の中で叫ぶ



最近、キレやすいおじさんでした



ということで旭岳登山の事は明日ご報告いたします



005_convert_20170321110757.jpg 
















[ 2017/03/21 11:35 ] 都丸の事 | TB(0) | CM(0)

なんと!

ロープウェイ駅は無風なのに
上は風速20mで現在運休中
駅には人があふれています
ついてないなぁ。
[ 2017/03/20 09:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)