旭岳登山2017.3.20


旭岳、2.291m

北海道の最高峰です

ただ、ロープウェイで1.600mの姿見駅まで登れて

夏山(7~9月初旬)は比較的登りやすく小学低学年でも登れる山です

冬は晴れの日が少なく

風が強く厳しい山です



その冬山の旭岳を登ろうと計画してた自分

3月20日、午前8時に旭岳ロープウェイ駅前に到着し

9時発の始発に乗る予定でしたが

強風のため運行停止

あっらぁ~駅周辺は無風なのに

スキー、スノボダーの方は帰っちゃう人もいましたが

たぶん回復すると期待して待つこと1時間

館内放送で再開すると聞いてホッとしましたね~



001_convert_20170322120550.jpg 




館内はすごい人で結局、始発には乗れず

2便目にかろうじて乗り込み10分ほどで、「姿見の駅」に到着しました

この日現在、積雪290センチ、マイナス8度前後だったでしょうか



午前11時、スノーシューを装着し、ちょっと登って振り返ると

スノボ、スキー、登山者と様々


010_convert_20170322120850.jpg 



人がたくさんいる地点まで登ると

旭岳の全容が見えます


007_convert_20170322120724.jpg 



下界の嫌な事も忘れるほどの絶景

本当に良い天気

旭岳の頂上は左側のとがった場所じゃなく右側のなだらかな方がピークですね~


011_convert_20170322121009.jpg




最初の目標は、「姿見の池」

避難小屋や鐘が見える場所で去年はスノーシューがなく

ツボ足で1時間もかかり、えらい苦労した地点です


014_convert_20170322121314.jpg




今回はなんと10分ほどで到着

なんちゃってスノーシューですが、着けてるのと着けてないでは全然違うんです

(自分のは5.000円前後、登山某メーカーは3万前後もします)


017_convert_20170322121431.jpg




旭岳は今でも活発に火山活動してる山なので

噴気孔見物する観光客もたくさんいます



019_convert_20170322131236.jpg





すこし登り、振り返ると駅、姿見の鐘、



021_convert_20170322131405.jpg 




十勝岳連峰



022_convert_20170322131539.jpg 






トムラウシ山



024_convert_20170322131723.jpg 






左に忠別岳


025_convert_20170322131846.jpg





6合目、下の急登、雪質が固くなり

スキーやスノボを置いてアイゼンを着ける地点

自分も、スノーシューを岩陰において

アイゼンを装着しました

(根性でスキーで登る方もいました)


026_convert_20170322132003.jpg




6合目からはカメラをザックに入れたので

頂上までの写真はありません

というのも去年、あまりの寒さのためシャッターが機能しなくなり

使い物にならなかったからです

一番、苦労したのが9合目付近

岩を周り込むように登るのですが下が氷

慎重に登らないと滑落の危険があるのでアイゼンを確実に氷に差して、なんとかクリア


それと頂上直下、自称、「金庫岩」からが暴風で四つんばいで登る場所もあり苦労しましたが

なんとか3時間で頂上へ

おもわず標識に抱きついちゃいましたね~



030_convert_20170322132131.jpg 



頂上からは絶景で

右から北海道第2の峰、「北鎮岳(2,244m)」、や、「黒岳」


032_convert_20170322132316.jpg




左側には、第3の峰、「白雲岳(2,230m)」


033_convert_20170322132442.jpg





そして、遠く東側にかすんで見えたのが

「雄阿寒岳」、「雌阿寒岳」、かな?と思うのですが・・・



035_convert_20170322132553.jpg 





私、ここでミスをしました

カメラのシャッターを切るため防寒手袋を取り素手で写真を撮っていたのですが

暴風で手がみるみるうちに紫色に。。。

手の感覚がなくなりかけてたのであわてて手袋を着けて

最後の写真を撮り下山


これが最後の写真となりました


036_convert_20170322132658.jpg 





後日談

帰宅後、右手の甲が違和感を感じましたが

これって凍傷か?と

冬山って怖いなぁ~



















[ 2017/03/22 17:52 ] 登山 | TB(0) | CM(6)

損した事

 いままで5年ほど使っていた登山靴

去年12月、苫小牧市のモンベルショップで買い換えたのですが・・・

自分、失敗をしました

というのも、自分、右足が大きいのですが左足で試着しちゃった事

2つ目は登山する方はお分かりだと思いますが

登山専用の厚手の靴下を履くのです

27センチを購入したのですが小さく履けない状態

それを誤った自分、衝動買いしてしまい、「タンスの肥やし」ごとく

「下駄箱の肥し」、に・・・

(この登山靴は息子の友達にあげました)


で、先日、苫小牧市のスポーツショップで試着するも大きいサイズは無く

う~ん、ネットで買ったほうがいいのかなぁと、「ポチ」っと買っちゃいました





で、今日届いたのが

ノース・フェィス

トレッキングシューズ Verto S3K II 



003_convert_20170226175938.jpg





前に履いていた、「SIRIO(シリオ)」より1センチ大きい28センチ

なのでアイゼンも調整が必要です


005_convert_20170226180109.jpg




008_convert_20170226180301.jpg




ということで3月に旭岳に登る予定です

ひさしぶりの登山靴の更新でしたが

最近の登山靴は見た目、カラフルですね~

ただ、登山道って泥かるみやドロドロ状態なので登山靴は

汚れてしまうと思うのですが・・・



















[ 2017/02/26 18:53 ] 登山 | TB(0) | CM(4)

500円玉貯金の使い道


今年も我が家、年末恒例の500円玉貯金を

先日開けました

さっそく苫小牧市に行く機会があったので

モンベル・ストアーへ


登山靴のコーナーで見ていると

女性の店員さんが、「履いてみてください」、と親切です

登山靴って重いと疲れるんですよね~軽いのあります?と聞くと

店員さん、「あまり軽いと靴底が柔らかく足のトラブルの原因になりますよ」

あ~なるほど

実は、11月アポイ岳に運動靴で登ったのですが

次の日から右足裏の土踏まずが痛い(現在も)

ある程度、固くないとだめなのかなぁ~

店員さん、「スノーシューとか履きますか?」、と言うので

旭岳で履く予定です!ときっぱり言うと

店員さん、え?その体系で登るんですかぁ~?みたいなオーラ



まぁ、そんなやりとりがあり

この靴に決めました

いままではハイカットの登山靴でしたが

ミドルカット、軽めの靴です



006_convert_20161205113734.jpg




靴底もある程度、固め

手で曲げようとしても曲がりません



008_convert_20161205113924.jpg





買ってなんですけど・・・

モンベルって全体的に靴の創りが固めなので

今から外出用にも履いて来年、登山シーズンまで柔らかく足を慣らさないとなぁと

思っています。













[ 2016/12/05 12:08 ] 登山 | TB(0) | CM(2)

そして頂上へ

 日高管内、様似町にあるアポイ岳(810m)に登ろうと

登山口に着いた私ですが

家の玄関に登山靴を忘れて、あ~~ぁ、このまま帰宅かと諦めかけてた時

一人の登山者の
、「アポイ岳だったら運動靴でも登れるんじゃないの?」、の一言がヒントになり

なるほど・・・運動靴でも登れるんだ!と

スマホで検索、様似町にある靴屋さんを探すと一軒ありました、「H靴店」

ここのお店は様似駅前にあり靴屋というより、今は釣具がメインなのかな?というほど

釣具が店の半分のスペースを占めています

店員さんに事情を話し、登山をできそうな靴を見つけてもらい

なおかつ消費税をまけて頂きました、(たぶん貧乏そうな、しょぼいおじさんと可哀想に思ったのでしょう)



大急ぎで登山口に戻り、靴をはき

登山用スパッツを装着

おおぉ~~なんとなく登山靴に見えてくるから不思議



007_convert_20161108132958.jpg




午前10時、登山開始

当然、入山届けも書きました



008_convert_20161108133225.jpg 




途中、紅葉も見られ心和んだり



009_convert_20161108133447.jpg 





登山口から10分ほどで早くも1合目



010_convert_20161108133647.jpg 




森林の中を歩き登る

ただ、夏と違い木々の葉も落ち視界良好なのです




011_convert_20161108133832.jpg 



キツネ・タヌキに摂りつかれたように

ひたすら登り1時間ほどで5合目


017_convert_20161108134027.jpg 





5合目から、やっと眺望が開きアポイ岳も望めます



013_convert_20161108134158.jpg 



望遠レンズで8、9合目付近を見ると

2人の登山者の姿が見ました


014_convert_20161108134339.jpg 




5合目から本格的な登り

6合目付近で様似町の街並みや海岸線が見えます



019_convert_20161108134504.jpg 






そして7合目



020_convert_20161108134635.jpg 




稜線の「馬の背」、に出ました

ここで遅い昼食、30分ほど休憩しましたが

ご飯を食べた後、いつも昼寝の時間なので癖なのか眠たいこと



023_convert_20161108134813.jpg 




気持ち良い稜線歩きで8合目

頂上は近いぞ!



024_convert_20161108135128.jpg 






ここから見る日高山脈もいいですね~


022_convert_20161108134938.jpg





何故か岩にペイントしてある、9合目



025_convert_20161108135250.jpg 





そしてアポイ岳の山頂、810m

やった~~ぁ

いままでにない最速の2時間半というペースで登りきりました

頂上で写真を撮り、神様に登頂の感謝をし

滞在時間、1分で下山開始



027_convert_20161108135507.jpg 




下山も1時間半という

俺、すごくねぇ?俺ってグレイト?というペースで登山口まで

帰ってきました

今回は登山靴を忘れた誤算はありましたが

得たものもあります

運動靴は軽く登山靴は重い

当然、軽いほうがペースが速い

ただ、帰宅後、夜、そして今朝

いままでにない足の裏が痛い!

運動靴の裏は薄いので負担がかかったのと思います

今履いている登山靴は4年にもなりグリップ力も弱くなっているので

来年、新しい靴を購入しようと思いますが、今回の教訓で軽い登山靴がいいなぁ~





今回の靴のメーカーは、「ブリジストン」

タイヤのメーカーしか頭に浮かびませんが

この靴を見たときは後光が射してました

感謝ですね

そして自分の今年の登山を終えたのです



005_convert_20161108135613.jpg 
















[ 2016/11/08 14:08 ] 登山 | TB(0) | CM(2)

一生の不覚だぁ~

今日、日高の様似町

ジオパークのアポイ岳にいってきました

ジオパーク?何がなんだか分かりませんが認定されたみたいです

本来なら大雪山、旭岳に登る予定でしたが

家族の猛反対にあい、あえなく地元の山にしました



しかし、今日は朝から快晴

週間予報を見ても今日しか晴れのマークがないのでラッキーって感じ

朝の仕事を終え

9時過ぎにはアポイ岳登山口に到着



002_convert_20161107182716.jpg





先着組が2台

まぁ、登山シーズンは過ぎ

仕方のないですが、ある意味ゆっくり登れるなぁ~と思いながら

準備にとりかかるのでしたが。。。

ここで大問題!!

な~~~んと登山靴を私、忘れたみたいなのです

あっらぁ~ここまで車で1時間半

戻る事もできず

こりゃアポイ山荘の温泉でも入って帰るか?・・・

そこに、車が到着し登山者が準備し始めたので、「いやぁ~まいりました」

事情を話すと、その登山者、「アポイ岳だったら運動靴でも登れるんじゃないの?」、と

俺の靴を見ると革靴、これじゃ無理っぽいですね~そんな視線で

アポイ岳に登っていきました



001_convert_20161107182434.jpg



準備万全と思っていたが

さぁこれから、どうする!

「小沢昭一的心だぁ~」、みたく

明日へと続く


・・・・












[ 2016/11/07 18:52 ] 登山 | TB(0) | CM(8)